中国は見所が山のように

世界遺産が多いので沢山見所はあります

中国というのは、色々な見所がある国であることには違いないのですが、それがあまりにも多すぎます。ですから、非常に迷うことでもあります。旅行に行くときにははっきりと目的を決めておくことです。例えば、首都である北京に行く場合は、是非とも北京故宮にいってみることです。これは、1987年に世界遺産に登録されたものです。北京故宮というのは、かつては紫禁城と呼ばれていたものであり、これは日本で言うところの皇居です。つまりは、皇帝が住んでいたところです。世界最大の皇宮ということでも有名です。72万5千平米もある巨大な城、皇宮です。ちなみに現在は、博物館になっています。そこはよく観光ルートになっています。

皇帝の住まいが見れるのは

歴代皇帝の住んでいたところや、実際に政治をしていた場所が公開されているのです。雄大な中国の歴史を感じることができる素晴らしいところであるといえます。これは中国に旅行にいくのであれば是非とも行ってみることです。ちなみに北京というのは、天安門広場とかそうしたところもあります。つまりは、首都ではありますが、歴史的なものが多く、意外と楽しむことができる、ということです。旅行はあまり大都市にはいかない、という人であっても、北京はお勧めできるところであるといえます。北京はさすがに首都だけに見所がたくさんあります。

夏になったら礼文で話題のタビマスターズを見つけて飛び立とう